摸倣を成功させるためにはリズムを知れ!

成功手法にはリズムがあります。それを知らずに、ただ単に成功手法を真似るだけでは成功はありえません。二番煎じは通じません。しかし、成功手法のリズムを知り、そのリズムを摸倣することによって二番煎じではない摸倣成功手法が確立されます。

例えば、90年代に流行った小室哲也氏のミュージックを当時、猿真似したとします。売れるでしょうか?残念ながら売れません。それは二番煎じだからです。かといって、流行のミュージックを無視しては、ヒットの可能性が極めて薄れしまい、真似して得をする摸倣マーケティングの理念から脱します。そこで、小室哲也氏のリズムを知ることにより独自のミュージックを作り出します。それが当時流行ったシンセで音を作り、高い声で歌うという事です。思い起こせば、当時流行った曲は殆ど、シンセで音を作りボーカルは漏れなく声が高かったですね。

ピンクの用紙でつくった公告で物が売れたらしい。じゃあピンクで広告を作って配ろう。
これは二番煎じです。
そうではなくて、その公告のリズムを真似ることが成功する一歩なのです。


無料お問い合わせメール
お申込みフォームメール
>