強者の戦略

会社は資本の大小やシェア等で、強者と弱者に別れます。弱者が強者と同じ戦い方をしていては、絶対に勝ち目はありません。そこで役に立つのがランチェスターです。強者の戦い方とは、「力が優越な場合には、その力を増やして戦うと味方の損害は少なくてすみさらに目的を早く達成できる」というランチェスターの法則に従って戦います。つまり、資本がある場合には大量仕入れで原価を安くし、大量公告で大衆の興味を引きつけます。

繰り返しになりますが、弱者が同じようなことをしては絶対に勝ち目はありません。特に合同会社は小資本の法人を予定しているので、合同会社を設立した場合には弱者の戦い方を身に付けなければなりません。


無料お問い合わせメール
お申込みフォームメール
>