シェアの獲得は74%を目指す!

シェアの目標は100%ではなく74%です。なぜ100%ではないか?

シェア100%とは競合がいないことを意味します。競合がいない市場は縮小するといわれています。市場が活性化しないからです。競合があって初めて市場が活性化しシェアが伸びる意味があるのです。また、製造業の業界ではセカンドソースのないものには手を出さないというのがセオリーになっています。なぜなら、シェア100%の1社からの仕入れに頼っていては、ないかトラブルがあった時に生産ラインの全停止というリスクが伴うからです。

シェアで74%を狙うのは、なにも業界全国で74、というわけではありません。地域別や客層別、流通別で74%を狙えばよいのです。細分化された中でのシェア独占は独占禁止法も関係ありません。また、ニッチな市場であれば問題にもされないでしょう。

ランチャスターでは様々なデータや視点からシェアは100%でなく74%が最も適正である上限目標数値としています。


無料お問い合わせメール
お申込みフォームメール
>