朝は7時30分から始動!

パレートの法則というものがある。経営に当てはめると全体の20%が売上の80%を構成するという8:2の法則のことです。

このパレートの法則から労働時間を8時間とすれば、成果の8割は労働時間の2割に集約されていると考えられます。8時間の2割りは約90分です。

さらに成功するベンチャー企業の朝は早いという調査結果が出ています。平均は朝7時30分の始業です。

人間の脳は朝が一番明快に動きます。脳の疲れが無く効率は最高で最も力が発揮できます。朝を90分早くすることで集中効果が発揮されて業績が上向きます。パレートの原則と成功するベンチャーの調査結果を比較すると、通常は9時始業の会社は7時30分に始業することによって最も効率の良い90分を手に入れることが出来るというこことがわかります。

もちろん、終業は午後7時30分以降にして「長時間労働に徹する」というランチェスター法則を守ります。


無料お問い合わせメール
お申込みフォームメール
>