合同会社の基本構成を決める

合同会社では株式会社でいう取締役(経営者)をのことを社員といいます。 そして、合同会社の社員構成には4つのパターンがあります。
1) 1人で合同会社を設立
2) 2人以上で合同会社を設立し、代表社員を決める
3) 3人以上で合同会社を設立し、代表権と業務執行権を持たない社員がいる
4) 法人が社員にはいる



社員を決める

合同会社では出資者は経営者にならなければなりません。
つまり、社員を決めるとは出資者および経営者を決めるということです。
具体的には「一緒に会社を経営し、なおかつ出資をしてくれる人」を決めるということです。
出資者が経営者になれない場合には、株式会社も視野に入れなければなりません。



無料お問い合わせメール
お申込みフォームメール
>