>

商号の調査をする

法律の改正によって同一市町村内でも同じ商号が使用できるようになりました。
このことから、合同会社の設立時に商号の調査は必要ないとも思われますが、
合同会社設立のプロの立場からすると、商号の調査は必要であると考えています。

だからこそ、合同会社の設立基本事項として独立して取り上げました。

なぜ、商号の調査が必要かというと、不正競争防止法に基づき商号の使用差し止め請求を受けたり、損害賠償請求を受けたりする恐れがあるからです。このようなトラブルを防ぐ予防法務という観点から、合同会社の設立時には類似商号の調査を行うべきです。

商号調査の方法は簡単で、本店所在地を管轄する法務局で「閲覧申請書」に必要事項を記入すれば無料で調査ができます。


無料お問い合わせメール
お申込みフォームメール
>