資本金額を決める

合同会社でも株式会社と同じように資本金が必要となります。法律上は1円〜となっていますが、
合同会社を1円で設立するメリットはないので、ここでは資本金を決める方法を説明します。

運転資金から資本金を逆算する

いかに合同会社が人中心の法人であったとしても、運転資金は必要です。
ですから、必要な運転資金を計算して資本金にする方法というのがあります。
例えば、1ヶ月の運転資金を計算して半年分の運転資金を資本金とする方法です。

対外的信用から資本金を算出する

資本金は会社の規模を表します。会社の登記簿を見ると資本金の額が記載されているので、これがビジネスを行う上での対外的信用となります。取引相手の規模からどの程度の資本金が必要なのかを考えて資本金を決定する方法です。
とはいっても、もともと合同会社では大きな資本金は必要としないのが現実です。なぜなら、人が主体の会社形態だからです。資本金を多くするのであれば、株式会社を選択するのがほとんどです。


無料お問い合わせメール
お申込みフォームメール
>