払込証明書

合同会社の定款に記載したとおりの金額を代表社員の口座に振込みます。
このとき、振込名義人は出資する社員名で行います。
かならず、社員名がわかるように、預入ではなく振込みで入金を行ってください。

使用する口座は、残高がゼロのものを使用するので、出来れば新しい口座を作成したほうが良いです。

次に
・通帳の表紙
・通帳の表紙の裏(銀行名、口座番号、名義人が記載されているもの)
・振込明細の印字された面
の3箇所をコピーして、払込証明書の作成準備に取り掛かります。

払込証明書とは、証明書→通帳表紙のコピー→表紙裏のコピー→明細のコピーを順に閉じたもので、左をホチキスで2〜3箇所止めて、紙のつなぎ目には会社代表社印を押印します。この払込証明書は登記申請書類です。

証明書記載事項
・会社代表者の印
・資本金の額
・書類の作成日
・合同会社の商号
・代表社員の氏名

無料お問い合わせメール
お申込みフォームメール
>